デザインはどうする?

婚約指輪と違って、結婚指輪は男女二人で身に着けるものですし、着けたまま生活をするものなので、見た目的なことはもちろん着け心地などについてもしっかりとチェックして選びたいところです。また、結婚すると決まって華やかなものを選びたいと思いがちですが、あまりにも華やか過ぎると年齢を重ねた時に違和感が感じられることもありますので、これから30年後、40年後をイメージしつつ選んだ方が安心です。

 

それに、あまりに凝りすぎたデザインにしてしまうと、どうしても飽きやすくなってしまいます。そうすると、気分もやはり良くないでしょう。同じように、妥協して選んでしまうとやはりいつも不快な気持ちが残ってしまいます。ですから、一つだけ言えるのは結婚指輪は慎重に選んで頂きたいということ。妥協しすぎることのないようにしてほしいということです。

 

また、結婚すると独身時代とは異なり家事も忙しくなりますし、子育ても始まります。こういったことをする際に、邪魔になったり気を使ってしまうようなものは避けた方が安心です。高価な石が付いていたり、ひっかかりやすいデザインではなく、着けているを忘れてしまうようなフィット感があるものがお勧め。石が付いているものを選ぶ時は、あまり大きくない物の方が良いかもしれません。